準確定申告の申告

亡くなった人に代わって行う確定申告を準確定申告といいます。準確定申告は通常行われる確定申告と異なり、確定申告すべき人が死亡してしまった際に行われる、相続人が代わりに行う確定申告を示します。

通常であれば、その年、1月1日から12月31日までの所得状況が翌年の2月16日から3月15日までの申告で行われますが、準確定申告は、被相続人が亡くなった年の1月1日から亡くなった日までの所得について算出して行います。相続人は相続開始があったことを知った日から4ヵ月以内に順確定申告を行わななければならないことになっています。

準確定申告の提出先は被相続人の住所地の税務署になります。既に亡くなった人の確定申告をする場合、自身で行うこともできます。また、税理士に相談する人もいます。自分で行うこともできますが、申告ミスや訂正が必要な箇所があった場合には、余計な時間と費用、手間がかかったりしてしまいますので、慣れない場合は税理士に相談して申告してもらう方がスムーズに運ぶかもしれません。

このように、被相続人が死亡してしまった時に、相続人が代わって確定申告をするのが準確定申告です。準確定申告は通常行われる確定申告と違い、確定申告すべき人が死亡してしまった場合に行われます。